世界で注目される日本の伝統工芸品!京都錦市場にお店を構える有次さんの和包丁。

錦市場は、京都の台所として有名ですが、京都の老舗料亭などの和食の料理人が野菜や魚、肉はもちろん卵、漬物なども仕入れに来るところなのですが、その料理人の皆さんが使う和包丁は、有次が有名。

有次で検索

もちろん一般庶民も買い物が出来、観光のスポットにもなっていました。さらに、近年では外国人の観光客が錦市場を訪れるのが定番コースになっており、和食の世界的人気も加わって、和包丁は大人気になっています。特に、有次の和包丁はお土産の定番。高級な柳刃包丁などが売れているそうです。

錦市場で検索 近くには、北野天満宮ほど有名ではありませんが・・・こぢんまりとした錦天満宮もあります。

大阪の黒門市場や築地場外市場の様に、錦市場もイートインスペースを設けた店も増え、観光客の皆さんが気軽に食べ歩きが出来るようになっています。

高級和包丁には、正本総本店や堺孝行などがあります。また、載せますね。

関連記事 世界で注目される日本の伝統工芸品!能作(nousaku)の食器。
黒門市場では、外国人観光客を狙ったイートイン。